歯科の歴史について紐解く|進化し続ける最新技術

笑顔を取り戻す治療

医療器具

せんげん台にある歯科の中には、矯正歯科学会の認定医がきて治療を行なうところもあります。矯正歯科をご希望されている方は、信頼できる医師の元で治療を受けるとストレスを感じることなく治療に専念することができます。

More Detail

問診から治療までの流れ

治療器具

不意の事故で歯に問題が起きた場合には、すぐに歯医者へ通いましょう。時間が経過すると治療するのが難しくなり、その分料金がかかってしまうこともあります。茨木市には歯医者が数多くあるので、もしもの場合に通う先などを決めておくとよいでしょう。

More Detail

歯医者を選ぶ時の注意点

歯型

代々木のいくつもある歯医者を選ぶには、その歯医者の情報を知ることです。どんな歯医者であるかを知ることで安心感を得ることができます。また、料金などを把握しているといくつかの店舗を比較して安いところを探すこともできます。

More Detail

終わる事のない技術開発

院内

歯科といえば今ではどこにでもありますが、歯の治療はいつ頃から行われるようになったのかについて知る人は少ないでしょう。実は、紀元前7000年も前には既に歯の治療をするための弓ドリルというものが作られていたそうです。紀元前5000年前になると、歯の痛みは歯の中に邪悪な虫が住んでいると言われていました。そして、紀元前700年前には現在行われている治療のブリッジ治療がエジプトで既に行われていました。
14世紀に入ると、歯科治療用器具が開発され、18世紀後半までその器具が使われていました。この時、16世紀までは専門的な歯科医がいなかったため、医師に変わって床屋が治療をしていたそうです。その時に使われていた器具にはペリカンという名前で、その後デンタルキーへと変わりました。20世紀に入るとデンタルキーから鉗子になり、現代まで引き継がれてきました。そこから21世紀までの間で、歯にかぶせものをする冠というものが開発され、歯ブラシも登場しました。他にもドリルが登場したり、ホワイトニング施術やインプラントも普及して現代に至ります。このような歴史を経て、そして歯科は今でもどんどん新しい技術が開発され続けています。今では、歯科によって治療技術にさほど大きな違いはありませんが、まだまだ最新技術を取り入れてる歯科は数多くありません。しかし、技術の進歩は留まることなく発展しつづけることでしょう。これからの技術の発展と取り組みにも期待ができそうです。